Site search

コンテンツ

農作物の販路拡大が農業を変える可能性を持つ

農産物は、国を支える重要な基盤です。
食料が確保できなければ、国の体制を維持することは出来ません。
そこで、農産物の業界を支援する仕組みが必要です。
農産物の生産を促すためには、それを売る流通が整っていなければなりません。
国内で生産された農産物をより多くの人に購入してもらえる商品販売の機会を高めることが、農業の発展にとって必要不可欠です。
農産物を売る手段として、一般的な小売店の販売ルートに加えて、新たな販路を開拓する事が必要です。
近年では、農作物の直売所が多く利用されるようになってきました。
農作物の直売所では、生産者が自由に値段を決めて農作物の販売を行うことができます。
そのため、直接的に販売によって利益を得る事が出来、中間マージンなどのロスを削減することが可能です。
また、購入者からの生の声を直接聞く事が出来るため、生産者による消費者のニーズの直接的な認識も進んでいくことでしょう。
こうして生産者と消費者の距離が近くなれば、農業のクオリティ向上がさらに図られます。
自身が育てて生産した農作物が、直接消費者に渡っていくのを目の当たりにできるのは、大変有意義なことです。
さらにインターネットの分野でも、農作物を購入する消費者が増えてきています。
インターネットであれば、通常では流通に乗せられないような小さなニーズの商品であっても販売可能になるため、これまでにはない選択肢の広い農作物販売が可能になります。
こうしてビジネスチャンスが増えていき、農業業界の基礎能力が高まっていくことが期待できるでしょう。
消費者にとっても、普段から口にする農作物について、ニーズに合わせた食材を手に入れる機会が設けられることはいい事です。
農作物の販売方法を改めて考え直す事が、ひいては日本の農業を根本から変えることにもつながっていきます。
商品販売の現場と農業の密接した関係が、将来の農業のスタイルを形作っていく力として認められます。